中古車買い取り査定

  •  
  •  
  •  
  •  

TOPページ

車の売却を検討したときには、下取りを利用するか買取店の中古車査定を受けるか迷う人が多いと思います。
中古車の下取りと買い取りはどのように違うものなのか、どちらのサービスを利用することがお得になるのか気になるポイントだと言えます。
車の買い換えを行うときに車の購入を行う販売店に現在使用している車を売却して、新車の購入代金の一部に充てることを下取りと言います。
下取りの方法は従来より多くの人が利用している方法で、ポピュラーな車の売却方法となります。
下取り価格としてはそれぞれの販売店が用意している基本価格を基にして、車の傷や状態などの中古車査定を行うことで、価格が決定されることが一般的です。
新車の購入を行う販売店で契約ができるので手間がかからない点がメリットと言うことができて、新車を購入するときに同時に引き渡すことが可能なので、代車の必要がないという点もあります。
中古車買い取りでは、買取専門店に現在乗っている車を売却して現金に換えるサービスのことを言います。
新しい車に買い換えることを検討しているときには、売却を行うことで得た代金を次の車の購入資金として利用できます。
10年ほど前までは、車の売却を行うときには販売店に下取りに出すことが一般的な方法となっていましたが、近年では買取店の中古車査定を受けて買い取ってもらう場合も増えています。
中古車買取店の買取価格は、中古車業者のオークション相場によって決められており、オプションや装備によっても買取価格は変わります。
買取店に買い取ってもらうメリットは、下取りのときよりも高値の買取価格を提示してもらえることが多いので、高値で売却が可能な点となります。
中古車買取店の場合には、買取を実施した車を売却するまでの販売ルートが確立されている業者がほとんどなために、高値の中古車査定を行うことができます。
中古車買取店では、自宅まで無料で出張査定のサービスを実施してくれる業者や、名義変更の手続きを代行してくれるサービスなどが行われています。

姉妹サイト:「中古車査定ガイド」でも詳しく、解説しています。