中古車買い取り査定

  •  
  •  
  •  
  •  

車売る時のカーナビ

カーナビは、非常に便利なツールです。昨今では本当に色々な車にカーナビが付いているもので、タクシーなどにも確実にカーナビが設置されているものです。

最短ルートを提案してくれるそのツールは、とても重宝されるものです。重宝されるだけに、車売る際の価格とも大きな関係があります。カーナビが付いている車の場合は、付いていない車よりも査定価格がアップするものです。付いていない車の場合は査定価格が10万円ですが、付いている車の場合は13万円などの具合です。ですのでカーナビは付いている方が、確実に査定価格が上がります。それも最新版のナビが付いていると、価格が大きくアップする傾向があります。ところでカーナビは、もちろん車に設置されるものです。

その設置のされ方が、車売る時の査定では大きなポイントになってきます。車に設置をするという事は、もちろんカーナビを車に固定しなければなりません。その時に釘やビスなどを用いてしまいますと、車に穴が開いてしまうものです。その穴は、査定でのマイナスポイントにつながってしまうわけです。

ですのでナビを付ける時には、穴は開けないようにするべきでしょう。釘やビスなどを利用するというより、むしろテープの方が好ましいです。テープならば、穴は開かないからです。何せせっかくのカーナビも査定価格のマイナスにつながってしまっては、ちょっと勿体ないものです。必ず車に傷がつかないように、カーナビを設置したいものです。

車売るなら!